Waltz

ワルツ

【Walzer-Melodie Lieschen Einäugig Schmetterling von Io】
(ワルツァ・リースヒェン・アインオイギヒ・シュメッターリング=メロディ・フォン・イオ)

23歳。161cm。
一人称はわらわ、二人称はそなた。
高慢で嘘吐き、自己中なワガママ女王様。
「〜じゃ」「〜かの?」など、古風な話し方をする。
住居は秘密の果ての森にある悪趣味な古い屋敷。

登場するおはなし:外伝

サルヴァドール探偵事務所の依頼人であり、街を含む地方を統治する女伯爵。"一つ目を閉じた蝶々"の紋章を掲げる。
意に背く者を甚振った末に処刑する、拷問趣味の恐怖政治家。息をするように嘘を吐く癖・人差し指を立てる癖があり、縦長の瞳が特徴的。目深に被る渦巻き模様のフードのついた外套は外出時の変装で、普段着はドレス。
イオ公爵家の四人兄弟の末の令嬢。当時庭師だったピエールには拷問まがいの嫌がらせをしていたが、効果はなかった。
15歳の時、父方の叔父の一人息子である先代伯爵と書類上の婚姻関係を結ぶが、半年もせず彼は何者かにより惨殺、ワルツが遺産と伯領を相続した。なお、この殺人事件の犯人はリボンちゃんであるとされているが、真偽は定かではない。18歳の時、彼の遺産の一つである屋敷へ引っ越してきた際に出会ったルシェルと主従関係を結んだ。

blank←Prev→Nextblank